MARVEL ANIME TV SERIES AT COMIC-CON | マーベルアニメTVシリーズ「アイアンマン」「ウルヴァリン」“サンディエゴ コミコン”にて世界初公開!

マーベルアニメTVシリーズ「アイアンマン」「ウルヴァリン」キーイメージ

このTVアニメシリーズでは、全世界で愛される米国文化の象徴ともいえる“マーベル・スーパー・ヒーロー”たちを、日本のアニメーションスタジオ・マッドハウスの手によってアニメ化し、アニマックスで放送!

サンディエゴ・コンベンション・センターにて行なわれたアメリカ最大のコミック&ポップ・アートの祭典「コミコン・インターナショナル」(米国・サンディエゴ)にて、「マーベル・アニメーション・パネル」(7月24日16:30)が開催され、「アイアンマン」「ウルヴァリン」の2作品のティーザー・トレーラーが世界初上映されました。

更に、これらシリーズのストーリーを手掛けるイーグル賞受賞作家・ウォーレン・エリス氏が本パネルに参加し、スーパーヒーローたちの全く新しい活躍の物語の執筆に関して熱く語りました。 また、パネルに引き続き、ウォーレン・エリス氏のサイン会がマーベルのコミコンブース(ブース番2429)で開催されました!

Get an Exciting First-Look at the All New Anime Iron Man and Wolverine At the Marvel Animation Panel

Marvel Entertainment Inc., has partnered with renowned Japanese animation studio Madhouse (Paprika, Tokyo Godfathers) to create four all new anime versions of classic Marvel Super Heroes. Get an exciting first glimpse of two of the planned four series at this year`s Comic-Con International, the country's leading comics and popular arts convention. The Marvel Animation Panel was held on Friday, July 24, and included an exclusive first look at official teaser trailers for two of these new series, hosted by writer and multiple-Eagle Award winner Warren Ellis, who will appear to discuss writing the all new adventures of these re-imagined Super Heroes. The series is expected to begin appearing on the Animax channel in Japan in spring of 2010.

The Marvel Animation Panel with run from 4:30 to 5:30 p.m. on Friday, July 24, at the San Diego Convention Center. An autograph signing with Ellis followed the panel at Marvel`s Comic-Con booth #2429.

 
 
 

現地レポート

サンディエゴの「コミコン」で「マーベル・アニメ」世界初公開!

コミコンイメージ

7/23~26にアメリカで開催されたアメリカ最大のコミック&ポップ・アートの祭典「コミコン・インターナショナル」で、マーベル・アニメの「アイアンマン」、「ウルヴァリン」のティーザー・トレーラーが世界初公開された。

コミコンといえば毎年アニメやコミック、SF映画などをこよなく愛する「濃い」方々が世界中から大挙することで有名だが、今年も例年以上にサンディエゴの街はとんでもないことになっていた。普段は避暑目的でこの地に居住する方々が往来する碁盤の目の道々もこの時期だけはSFの怪獣やホラー映画の怪人、ロボットやスーパー・ヒーロー、そしてヒゲの生えた萌えギャル等々で溢れかえる。そんな百鬼夜行が目指すのが「聖地」--サンディエゴ・コンベンション・センター。

その聖地で今回発表したのが、全世界で愛される米国文化の象徴ともいえるマーベル・スーパー・ヒーローたちと、日本が世界に誇るアニメ文化と融合する「マーベル・アニメ」。発表の場として用意されたのがマーベル主催のパネル(ファン向け公開トーク&映像披露イベント)。コミコン二日目となる7/24に開催されたのだが、当日はコミックファンの間では巨匠として崇められている作家ウォーレン・エリス氏がわざわざイギリスから駆けつけ、登壇するということで、会場はバチバチとした期待感でみなぎっていた。約2,000人の熱狂的なマーベルファン、そして報道陣が集まればこそ、である。

「マーベル・アニメ」の直前のパネル終了後、エリス氏、そして今回のアニメの制作を手掛ける株式会社マッドハウスのチーフ・クリエイティブ・オフィサーの丸山正雄氏が壇上へと向かった。司会者による紹介を受け、丸山氏には温かい拍手と歓声が、そしてエリス氏には叫び声のような声援の集中砲火が浴びせられた。

司会者から「早速本日のために用意されたティーザーをご覧いただきましょう」という合図がされると会場が暗転し、まずは「ウルヴァリン」の映像が流れた。

和風な襖(ふすま)がパラパラと斬り倒れた後、で魑魅魍魎(ちみもうりょう)たちに向かっていく後姿。ジャパネスクに解釈されたウルヴァリンの降臨である。さっきまで大騒ぎしていたアメリカのファンたちはそのカッコよさと美麗さに静まり返る。残像を描きながら敵を切り裂く三本爪の動きに息を呑む(実際にその音が会場から聞こえた)。

日本の伝統芸能の歌舞伎よろしく「静」と「動」、「緩」と「急」が織り交ぜられた映像に、観客は心を奪われていた。

映像の終わりにドアップで表示されたカタカナの「ウルヴァリン」の文字(しかも縦書き)。それに続く「COMING IN 2010」で映像が終わると、会場からは拍手や口笛、「YEAH!」の歓声(もはや怒鳴り声)が聞こえた。

コミコンイメージ

興奮冷めやらぬ中、司会者が登壇者に質問を投げる。

司会者「丸山さん、今回のマーベル・アニメではどのようなことをお考えでしょうか」

丸山氏「日本のアニメとマーベルをいかに合体させるかがテーマです。今、映像をご覧いただきましたが、もし評判が悪ければ今すぐにここを退席しなければいけません」

会場が笑いに包まれる。

丸山氏「どうでしょう、みなさん」

丸山氏の退席を是が非でも阻止しようと、来場者が猛烈な拍手で「肯定」の意を伝える。

続いてエリス氏に質問。

司会者「これまで多くのグラフィックノベルの原作を書かれてますが、最近はアニメの原作もいくつか手掛けてらっしゃいますよね。その違いは何でしょう」

エリス氏「アニメの仕事の方がお金になるなあ」

生々しい返しに全員がつかまれ、爆笑。

エリス氏「まあ、表現の媒体としてアニメの方がハードルが低く、ビジュアル的によりいろいろなことが出来る。おかげでクリエイティブ面の自由度が高いかなあ」

としっかりと付け加えることも忘れない。

コミコンイメージ

続いて司会者が「アイアンマン」のティーザー上映を促す。

会場が再び暗くなり、大画面にはパワードスーツのあらゆる箇所が機械音とともに開閉し、その性能を誇示するかの姿がいきなり観客を魅了する。

「カッケー!」

「ヤベエ!」

といった声がところどころで立ち上がる(もちろん英語で、だが)。

そこからは東京タワーや東京湾らしき景色をバックグラウンドにアイアンマンと謎の機甲兵たちのノンストップバトルアクションが展開される。理屈抜きにカッコいい。

アイアンマンが発射したミサイルを、敵の首領(ドン)らしき何者かが手から何やら怪しい「何か」を用いて着弾寸前に破壊する頃、会場の興奮はピークに。

日本で最強の敵と直面する(っぽい)アイアンマンの一挙手一投足にファンの熱狂のダムは決壊。

「何だか凄すぎて何と言っていいか分からないけど、とにかく凄すぎた!」

という空気が充満する中、司会者の声でみんな我に返る(返り切れない方も多くいたようだが)。

司会者「もうムチャクチャなくらいに素晴らしい日本のティーザーでしたね」

怒号のような歓声で呼応する来場者達。
落ち着きを取り戻しつつある中、司会者が進行を続ける。

司会者「ウォーレン、アイアンマンはどんな感じになるのでしょうか」

エリス氏「まだストーリーは仕上げてないんだけど、舞台は日本、東京だね。そこでは(トニー・スタークことアイアンマンが)予期せぬ日本文化とアメリカ文化の衝突を経験したり、日本とアメリカの過去の歴史を踏まえた「兵器の歴史」などを盛り込む予定だ」

と自らのビジョンを惜しげもなく披露。

コミコンイメージ

司会者の「いつこれらの作品を我々は観ることが出来るのでしょうか」という問いに、丸山氏は

「今日ご覧いただいたものを皆さんに『良い』と思っていただけるのであれば、早く観ていただけるように頑張ります」と答えた(通訳はその答えにしっかりと「2010年です」と付け加えた)

二本のティーザーの上映と質疑応答の終了をもってマーベル・アニメのパネルは無事お開きとなった。

丸山氏に続き壇上から下りて来たウォーレン・エリス氏には彼を敬愛するファン達が群がり、握手やサイン、そして写真撮影を求めた。その一人ひとりに気さくに、そして丁寧に応えるエリス氏。関係者が「次があるので」とエリス氏に退場を促す。エリス氏は(スキンヘッドながら)後ろ髪を引かれる思いで会場を後にするのである。その後に待ち受ける、マーベル出展ブースでのサイン会が永遠に続くことも知らずに・・・

Marvel Anime is Unveiled at Comic-Con

コミコンイメージ

Teasers of Marvel Anime’s “Iron Man” and “Wolverine” were shown for the first time at this year’s Comic Convention in San Diego.

Comic-Con for short is known as the holy event to which fans of graphic novels, cartoons, etc. etc. flock from all over the world. This time of the year, San Diego features ton of people dressed up as their favorite sci-fi heroes, monsters, robots, and uniformed anime high school girls (sometimes with beards).

In this sacred place revealed was “Marvel Anime” 窶骭€ the fusion on the beloved American culture super heroes and Japan’s proud culture of anime. The very moment for this revelation was a panel hosted by Marvel. On Day 2 (July 24), approximately 2,000 fans showed up in the panel room, many of whom were extremely excited to see their subject of worshipping 窶骭€ British writer Warren Ellis. The room was oozing with anticipation.

Right after the segment before “Marvel Anime” ended, Mr. Ellis and Mr. Masao Maruyama 窶骭€ chief creative office of anime studio Madhouse creating the anime series 窶骭€ went up on stage, welcomed with tons of applauses and cheers and shouts and yells.

The MC kicked of the panel with having the Wolverine teaser played first.

The teaser began with Japanese-style doors being knocked down with a bunch of eerie creatures sprouting just to be sliced by a very unique-looking Wolverine. The fans in the crowd who were making much noise when welcoming the panelists quieted down in awe. You could literally hear people forgetting to breathe. Like the traditional Kabuki theatrical arts, a succession of motion followed by tranquility captivated the souls of the audience.

At the end of the teaser was “Wolverine” written in the Japanese Katakana alphabet (vertically, of course), followed by a “Coming in 2010” screen, resulting in clapping, whistling, and a lot of YEAHing (more like yelling).

コミコンイメージ

The MC then asks the guests some questions.

MC: “Maruyama-san, what do you plan to do with Marvel Anime?”Maruyama: “The theme of this project is how to unite Marvel and Japanese anime. If the audience did not like what they saw right now, I am ready to leave my seat immediately.”

Then the next question is for Warren.

MC: “You’ve worked on some animation recently. What is the difference between working on anime as opposed to working on graphic novels?”

Warren: “It pays better.”

The crowd loves his candid answer.Warren then adds his “less candid” answer.

Warren: “The visual hurdle is lower with anime. There is more creative freedom.”

コミコンイメージ

Then the MC asks the Iron Man teaser to be played. The lights go down.

Up appears on the big screen is a familiar-looking exoskeleton with many parts opening and shutting along to industrial sound effects as if to boast its superb functionalities. This, the fans love.

“Oh my God!”

“Wow!”

“Awesome!”

Short phrases of extreme appreciation echo in the gigantic room.

Then we see Iron Man and a group of mysterious armored soldiers engaging in nonstop battle action in front of what look like the Tokyo Tower and Tokyo Bay area. Pure coolness.

When Iron Man fires a missile, the target 窶骭€ some boss-looking whoever he is 窶骭€ emits this whatever it is from his hands and destroys the missile right before impact. Crowd excitement peaks that this point

The fans just can’t take anymore of this coolness (well, they did....).

“What we just saw cannot be described in words. It was totally awesome. How awesome? We said, it cannot be described in words.”

This was the feeling that people seemed to share.

MC: “The trailers were ridiculously amazing.”
Must agree.

As the audience started to shake off the excitement to come back to reality, the MC asked his questions.

コミコンイメージ

MC: “Warren, what will Iron Man be like?”Warren: “It will be set in Japan. In Tokyo. There will be unexpected clashes of cultures. There will be the history of weapon designs, given what the US and Japan have gone through.”

His visions are so interesting and mind-boggling at the same time.

“When can we watch the series?” asks the MC to Maruyama-san.

Maruyama: “If people liked what they saw today, we will work hard to finish up the series as quickly as possible.”

Maruyama: “If people liked what they saw today, we will work hard to finish up the series as quickly as possible.”

The panel ended with the showing of two teasers and interesting Q&A.

Following Maruyama-san walking off stage, Warren was quickly surrounded by fans that respect him so much, asking for handshakes, autographs, and photographs. Warren responded to every request sincerely. The people running the show told Warren that they had to leave the panel room soon. Warren left, seeming to feel bad to say bye to his fans. Not did he know that awaiting him in the Marvel booth was a signing event for him 窶骭€ this time, a much-longer-lasting one.

 

TM & © 2009 MARVEL. © 2009 Marvel Anime Partners.